死亡件数と後遺症

脂肪吸引は死亡のリスクを背負っています!

とはいえ、美しくなりたい、綺麗に痩せたいという方々の、脂肪吸引手術願望は薄れることはないでしょう。 その理由のひとつに、各美容外科や美容クリニックの宣伝文句には、必ずといっていいほど、脂肪吸引手術の安全性が強調されている言葉が盛り込まれていることです。 果たして、脂肪吸引手術は本当に安全なのか?それでは、美容整形大国である、アメリカ合衆国のケースについて、考えてみることにしましょうね。 これは、1994年~1998年のたった4年間のデータをまとめたものですが、この間に施工された脂肪吸引手術は約49600件、その中での死亡者報告数は、なんと!年間で60人という、恐ろしい数字が上がっているんです! これは「自分だけは大丈夫」と、呑気に構えていられる数字でしょうか? 脂肪吸引手術をお考えの方は、このような死亡例についても、把握しておく必要がありますね。 では次に、脂肪吸引による弊害についてのお話をさせて頂くことにしましょう。

忘れてはいけないのが後遺症です!

上記は脂肪吸引による死亡者数のおお話でしたが、死亡に至らなかった場合でも、重度の障害や後遺症が残ってしまうケースは多々あります。 最も多く聞かれるケースとしては、麻酔による神経のマヒや、脂肪吸引後の凸凹やしこりが消えないといった事柄です。また、頬の脂肪吸引をしたところ、筋肉に傷が付き、顔の筋肉のコントロールがままならなくなってしまったというケースもあります。 脂肪吸引手術を安易にお考えの方は、脂肪吸引手術には死亡例や後遺症が残ってしまう危険性があることを認識しておいて下さいね。

Copyright 2013 脂肪吸引の危険性 All Rights Reserved.│運営情報