脂肪吸引でお肌がデコボコ?その理由と解決策は?

脂肪吸引トラブル・ワースト1は「デコボコ」

安易な気持ちで脂肪吸引手術を受けたところ、仕上がりがデコボコして、どうにもならない・・・。これは、多くの脂肪吸引手術を受けた方が抱える悩みです。 ではなぜ、脂肪吸引の跡がデコボコしてしまうのでしょうか?その原因について、考えてみることにしましょうね!

硬縮とデコボコ

まず硬縮とデコボコの違いについて、お話をさせて頂くことにしましょう。 硬縮とは、脂肪吸引手術後、1週間前後から部位が硬くなる症状で、これは、強引に脂肪を吸引したために、周囲の繊維質が細胞を元に戻そうとして、皮下組織に働きかけている証拠です。そしてこの症状は、約3ヶ月後には解消されるのが通常です。 ところが、それ以降もデコボコした感じが残り、数か月あるいは数年が経過しても改善が見られない場合は、脂肪吸引手術を行った際の、脂肪の取りムラが原因であると考えられます。

どうしてもデコボコをなくしたい!

それでは次に、できてしまったデコボコはどのように解消することができるのか、解決策についてのお話をさせて頂きますね。 これには、再度脂肪吸引を行うしかありません。取り残した脂肪を再手術で取り去ることでずいぶんデコボコは解消されます。また、脂肪を吸引し過ぎたことらよるデコボコの場合も、やはり身体の一部から脂肪を吸引し、部位に注入しなければなりません。 きちんと事前に説明を受けたはずなのに、なぜ!?という事態が頻繁に起こるのが脂肪吸引手術です。高額な費用を支払って、痛い思いをしたのになぜ!と後悔する前に!まずは脂肪吸引手術の実態を知っておくことが大切ですね。

Copyright 2013 脂肪吸引の危険性 All Rights Reserved.│運営情報