悲惨!脂肪吸引で再手術

脂肪吸引手術は再手術が可能?

脂肪吸引手術後に、様々な理由で再手術を希望する方は大勢いらっしゃいますね。 結論からお話させて頂きましょう。再手術が可能な場合と、そうでない場合とにはっきりと分かれます。 それではまず、脂肪吸引の再手術が可能な場合のお話をさせて頂きましょう。 これは、脂肪吸引手術後に取り残しがあり、仕上がりに満足できない、あるいはデコボコが残ってしまったので、どうしても取ってしまいたい、という場合です。さらに、切開した縫合部分が綺麗に付かず、盛り上がってしまった場合には、再手術を行うことはほとんどの場合可能です。これらの場合の再手術では、再手術により満足を得られる可能性はあります。 ところがその反対に、1度目の脂肪吸引手術で不必要なまでに脂肪を吸引してしまった場合には、再手術の可能性がゼロになるケースもままあります。

なぜ、再手術ができない!?

それでは、脂肪吸引の再手術が行えないケースについて、理由をご説明させて頂きましょう。 例えば、わかりやすい頬の脂肪吸引について考えてみることにしましょうね。 取り過ぎてしまった頬を元に戻したい・・・などという場合に必要なのは、いうまでもなく脂肪です。このときに、採取できる脂肪が身体に残っていれば、まだ再手術の可能性は残されています。 ところが、とにかく身体のあたらこちらから、脂肪という脂肪を根こそぎ吸引してしまった場合には、採取する脂肪が残っていないため、再手術は不可能となります。 脂肪吸引手術を行う前は、「とにかく細くなりたい!」、「どこにも脂肪はいらない!」というような、冷静に考えてみれば少々病的とも思える心理が働く方が多いことは事実です。 ですが、脂肪吸引の再手術の可能性ですら取り去ってしまっては、なんのための脂肪吸引手術か、さっぱりわからなくなってしまいます。 脂肪吸引をお考えの皆さん、脂肪吸引は恐ろしい手術です。手術を決定してしまう前に、まずは失敗例に目を向けてみることも必要ですよ!

Copyright 2013 脂肪吸引の危険性 All Rights Reserved.│運営情報