ボディジェット

痛くない脂肪吸引はありません

現在、美容外科の技術は最新鋭の機械の胴などにより、目覚ましい進化を遂げつつあります。美容外科手術の中でも人気が高いといわれている脂肪吸引手術に関しても、それは同様です。 脂肪吸引手術は痛いから怖くて受けられない・・・そのような方にオススメできる脂肪吸引として、ボディジェットという方法が、最近脚光を浴びています。 ボディジェットの謳い文句は、従来の脂肪吸引手術と比較した場合「痛くない」、「腫れが少ない」、「ダウンタイムが少なくて済む」というものをメリットとして掲げています。 ですが、そのボディジェットは本当に痛くないのでしょうか?いいえ、痛いです。 謳い文句をよくみて下さい。あくまでも「従来の脂肪吸引手術と比較した場合」となっていますよね? つまりは、まったくの無痛で、腫れが少なく、ダウンタイムも少ない・・・というようなムシのいい脂肪吸引手術は存在しないということです。

ボディジェットのメリット・デメリット

まず、ボディジェットの仕組みについて、ご説明させて頂きましよう。ボディジェットはまず、麻酔剤と止血材入った薬液を、ジェット水流により筋肉層と脂肪層の間に流し込み、ウォーターポケットを作ります。このことにより、カニューレ(脂肪吸引器)で脂肪吸引を行う際に、筋肉層へダメージを与えることなく手術が行えるというメリットがあります。さらにボディジェットでは、全身麻酔を行わないというメリットもあります。 それでは次に、デメリットについてのお話をさせて頂くことにしましょう。ボディジェットは比較的安全に脂肪吸引を行える方法ではありますが、やはり体内の脂肪を無理矢理引きはがすわけですから、リスクがゼロというわけではありません。また、従来の脂肪吸引手術と同様、医師の熟練度によっては、仕上がりがデコボコする、取り残しがあるなどの理由で、再手術の必要性がでてくることも否めません。

ボディジェットは比較的安価ではあります

さてそれでは、気になるボディジェットにかかる費用についてのご紹介です。これは従来の脂肪吸引と同様、吸引する部位により異なりますが、おおよそ16万円~50万円前後で行っている美容外科が大半です。 ボディジェットは、安価で脂肪吸引手術を受けたい方にとってはありがたい脂肪吸引方法かも知れません。 しかしながら、その陰には大きなリスクが隠れていることも忘れないで下さいね!

Copyright 2013 脂肪吸引の危険性 All Rights Reserved.│運営情報